▼ MENU

ホーム > 歯周病科 > メンテナンスの重要性

歯肉炎

メインテナンス。以前は機械設備に用いられていた言葉ですが、現在ではグーグル等で調べてみると、もっぱら歯科医院のホームページがヒットします。
では、歯科のメインテナンスとはどんな事でしょうか?
メインテナンスとは、患者さんが自分自身で口の中を綺麗に出来ているのかを歯科衛生士や歯科医師が確認して維持してゆく事だと考えています。

よく、当院にも定期的に歯科医院に行っていたと言う患者さんが転院されてきます。しかし,お口の中が綺麗な人は少数派です。どうしてか?それは歯科医院側が、ただ歯石を取ったりするだけで、口の中を綺麗にしておく事、つまり患者さん自身がそれについて関心をもって取り組んでいかなければならない事を教えていないからです。 つまり、定期検診の域を出ていないのです。
当院のメインテナンスにいらっしゃる患者さんの口の中はピカピカな人が多いです。そんな人でも、初診時は非常に汚れていたのですが、歯科衛生士の指導等でそこまで、患者さん自身ができるようになったのです。歯周病の治療やお口の中の健康管理は、歯科医師や歯科衛生士が治療やお掃除をするだけでは絶対に維持できません。つまりこの意識改革をして習慣を変えることが必要なのです。
ただ、人間は意識改革をしても、元に戻りやすいのです。ですから、メインテナンスでモチベーションアップをして、綺麗な口の中を維持をする事が必要なのです。
そうすれば、定期検診の際に、毎回むし歯を発見され、その度に道路工事のような治療を受ける様な事は無くなります。

当院では、11台の診療椅子がありますが、そのうち半分程度はメインテナンス用です。歯科衛生士も常時8人以上が勤務しています。
皆様も、本当の意味のメインテナンスを受けてみませんか?


診療別メニュー

歯科医師募集「矯正とインプラント」の小冊子プレゼント訪問歯科診療ベビーシッター初診ネット予約無料メール相談小机歯科医院ブログスタッフ募集中プライバシーポリシーfacebook