▼ MENU

親のむし歯は子供に影響する?

投稿日: 2017年6月2日  | カテゴリ: その他

子供の虫歯の理由として、「歯磨きをしっかりしない」、「甘いものばかり食べている」などと言われることがよくありますが、実は一番悪影響を与えかねないのは親が持つ虫歯菌なのです。
虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんには存在しません。
これは歯がないからです。
では、どこで口内に虫歯菌が登場するかというと、一番多いのは親などからの感染なのです。
感染時期としては、生後10ヶ月~31ヶ月の間が多いと考えられています。

 

感染経路には幾つかありますが、『自分で噛み砕いたものを子供に与える』、『自分の使用した箸で子供に食べさせる』、『口を合わせるキス』などが主なものとなります。
ようするに、親の唾液などから子供の口内へ感染してしまうということです。
そのため、子供のうちは子供専用の箸やスプーンなどを用意しておいて、必ずそれを使わせるようにするといいでしょう。
他の人が使っているものは使わせず、子供の使用しているものを誰も使用しないという風にすることで、かなり感染を防げると思います。

 

特に気をつけてほしいのは、虫歯菌への感染が早ければ早いほど、生涯的に虫歯に悩まされることになるという点です。
子供の口内の状態を示す例として、次のようなものがあります。

 

菌が座れる椅子が100席あるとします。
生まれて1年、2年と育っていくうちに、この椅子には色々な菌が座っていきます。
菌には必要なものもありますので、『菌』であるから必ずしも悪いものというわけでもありません。
例えば、ある程度成長してから初めて虫歯菌がやって来た子供の場合、椅子には既に多数の他の菌が座っているため、数席しか座れません。
逆に、早い段階で感染すると椅子に空きが多いため、10席、20席と座られてしまうかもしれません。

 

当然、同じような生活で、同じように口内ケアをしていても、数席分の虫歯菌と20席分の虫歯菌では菌の活動による本人への影響度合いが違います。
だから、殆ど歯磨きをしないのに虫歯にならない人と、毎食磨いているのに虫歯になりやすい人がいるのです。
そして一番恐ろしいのは、この席の割り合い数というのが生涯変わらないということです。
口内ケアにどれほど気をつけても、この席の割り合い数を変更することが現在は出来ません。
ですから、親の菌が子供に感染しないように注意する必要があるのです。

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

歯周病は日本人の多くがかかっている、予備軍であるとされる病気です。しかし、虫歯もそうですが口内のトラブルというのは他の病気と比べて軽視されがちな気がします。虫歯がある、歯周病になっている、もしくはなっている可能性があると思っているにも関わらず、歯科

生え始めの子どもの奥歯が茶色くなっているとびっくりしますよね。 でも6歳前後に生えてくる6歳臼歯と呼ばれる永久歯の変色というのは、何も珍しい事ではありません。   第一大臼歯とも呼ばれているこの永久歯は、永久歯の中で1番目か2番目に生えてくる

ガムを噛むと虫歯予防になると言われていますが、本当にガムで虫歯を予防できるんでしょうか?ガムといっても様々な種類のガムがありますよね。どのガムを噛んでも虫歯予防できるわけではありません。ガム選びと噛み方が虫歯予防には重要なんです。では虫歯予防に効果


アーカイブ

2017

最新記事

診療別メニュー

当院のインプラントが選ばれる8の理由 セレック 1日で白い歯に かかりつけ歯科に認定されました
訪問歯科診療
ベビーシッター
初診ネット予約
無料メール相談
小机歯科医院ブログ
事務職員募集中
学研本

当院が紹介されました

都筑キッズデンタルランド 子供専門歯科医院
くぼくら歯科医院ドクターズ・ファイル院長ブログ