▼ MENU

矯正治療にはセファログラムでの撮影を

投稿日: 2016年2月14日  | カテゴリ: 歯列矯正

歯並びが悪いと、歯の隅々までブラッシングができず、どうしても磨き残しが多くなってしまい、虫歯や歯周病になりやすい状況を導いてしまいます。さらに、悪い歯並びによって、噛み合わせも悪くなるため、しっかり噛む事ができなくなり、顎の発達などに支障をきたしてしまう事もあります。

このように、歯並びの悪さは様々なダメージを引き起こす原因となり、後々大きなトラブルに発展する事もあります。悪い歯並びは、矯正治療などで改善するのがベストなので、子どもの歯並びが気になる場合は、早めに矯正の相談に行きましょう。

診断や治療に必要な頭部X線規格写真、これをセファログラムと言います。
セファログラムで同じ規格で撮影した頭蓋骨のレントゲン写真があれば、顎や歯の位置といった口元の細かな情報、その変化が継続的に把握でき、骨格の成長の変化や歯の移動を観察できます。

矯正治療をする場合、肉眼だけでは確認しきれない部位をしっかり把握する事が重要になってきます。このセファログラムを使うことで、上顎や下顎のズレやサイズ、微妙な上下前歯の傾斜角などを把握する事ができます。それを元にして、矯正治療をどのように進めていけばいいのかを専門医が分析し、判断していきます。

例え、同じ受け口でも、人によってベストな治療法は異なってきます。一人一人の状態に合わせた適切で効果的な矯正治療を行うためには、セファログラムによる骨や歯の様々な情報が必須となります。矯正治療で一番重要な機器ともいわれています。

矯正治療をするなら、細部の情報を読み取って分析できるセファログラムのある医院を選ぶことをおすすめします。矯正治療をお考えでしたら、当院にご相談ください。

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

色々と情報は集めていたのですが、どうも電気メスと変わらないような思いがあったため導入を見送っておりました。 そのレーザーを2018年7月に導入しました。 レーザーと言っても大きく分けて4種類あります。半導体レーザー、炭酸ガスレーザー、ネオジ

私のライフワークと思っている事があります。それは、根管治療です。 根管治療とは、歯の根の治療です。歯の中の神経を取る、と言うような治療の事です。 この根管治療に関する、一般の方々に向けた本は6月に出版をする事ができました。 そして来月にい

生え始めの子どもの奥歯が茶色くなっているとびっくりしますよね。 でも6歳前後に生えてくる6歳臼歯と呼ばれる永久歯の変色というのは、何も珍しい事ではありません。   第一大臼歯とも呼ばれているこの永久歯は、永久歯の中で1番目か2番目に生えてくる


アーカイブ

2018

最新記事

診療別メニュー

歯科医師募集
訪問歯科診療
ベビーシッター
初診ネット予約
無料メール相談
小机歯科医院ブログ
事務職員募集中