▼ MENU

目立たない歯列矯正インビザライン★まとめ

投稿日: 2016年12月11日  | カテゴリ: 歯列矯正

歯列矯正というと、昔は人目が気になって、気が進まない人も多かったのではないでしょうか。
しかし、今は全く目立たない矯正装置がありますから、人目を気にせず矯正治療に励めます。

中でも、取り外しが出来て、透明で目立たないインビザラインは、装着していても違和感がなく、負担の少ない矯正装置なので、歯列矯正に抵抗がある人にもオススメです。インビザラインは、透明のマウスピースのような矯正装置で、ワイヤーを使っていないため違和感もなく、過度な力もかかりにくいので痛みも少ないです。

今までの矯正装置では、取り外しもできず、歯垢が溜まりやすかったのですが、インビザラインは、取り外しもできて歯ブラシでキレイに洗えるので衛生面でも安心です。それに、プラスティック製のインビザラインなら、金属アレルギーを引き起こす事もありませんから、金属アレルギーの人でも安心安全に矯正できます。

装着している事も分からず(ほとんど気づかれず)、口内を清潔に保て、痛みも少なく違和感もないインビザラインを用いた矯正治療なら、今まで感じていたような矯正治療への不便さや不安、悩みは、ほとんどありません。


インビザラインを使った矯正治療では、3Dシュミレーターで歯の動きや最終の歯並びなどを確認しながら治療できますから、より精密で満足度の高い矯正治療が可能です。インビザラインによる矯正治療の期間は平均すると1年半から2年半程です。インビザラインは、取り外しができるといっても、1日に20時間以上装着する必要がありますが、違和感も痛みもとても少なく、普通は1週間程度で慣れるようです。

ただ、歯周病がひどい場合や額関節症の場合には、それを治療してからしか、インビザラインでの矯正治療はできません。また咬合力が強過ぎるなど、状態によってはインビザラインだけの矯正では治療できないケースもあるので、矯正治療の方法について当院の医師に相談してみてください。



★インビザラインのメリット

・薄くて透明で目立たない矯正装置なので、人目を気にせず治療できます。
・取り外しができるので、食べたいものを気にせずに食べられます。
・取り外してブラッシングできるので、普段通りの歯のケアができて、プラークの沈着もなく衛生的です。
・ワイヤーを使っていないので、ワイヤーが口内にあたって口内炎などのトラブルを引き起こす心配がありません。
・インビザラインは装着した時だけ少し違和感がありますが、矯正中の痛みはほとんどありません。
・インビザラインはプラスティックなので、金属アレルギーの心配もありません。
・厚みが少ないので、しゃべりにくくなる事もありません。
・他の矯正装置よりも通院回数が少なくてすみます。
・インビザラインなら、同時にホワイトニングもできます。



★インビザラインのデメリット

・歯の状態によってはインビザラインだけで矯正治療できない事もあります。
・自分で脱着できるので、つい付け忘れてしまい、1日20時間以上装着しない事が続くと、矯正期間が延びたり、思うような矯正効果が出ない事もあります。



★まとめ

インビザラインは、芸能人もよく使っている矯正装置で、メリットも多数あります。
ただ、インビザラインで矯正できない場合もありますから、インビザラインによる矯正治療を希望していても、不可能な場合もありますし、別の治療法が必要になる事もあります。

インビザラインは便利な矯正装置ですが、自己管理によって矯正治療の効果が左右されます。インビザラインで歯列矯正治療をするなら、20時間以上は毎日装着するように自分で気を付けましょう。

歯列矯正をすると、矯正装置が目立つからイヤ、痛みがあるからイヤ、食事の時に取り外せないのでイヤという人がたくさんいるのではないでしょうか。こうした矯正装置のイヤなイメージを覆してくれるのがマウスピース型の矯正装置「インビザライン」です。

当院では、インビザラインについて詳しくご説明いたしますのでお気軽にご来院ください。
料金など、詳しくはこちらのページをご覧ください。

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

冷たいものを飲んだ時に、歯がしみると感じる事はありませんか? 歯がしみる場合は虫歯が原因かもしれませんが、歯ではなく歯茎がしみるという場合は知覚過敏を起こしている可能性があります。知覚過敏による痛みは、体調によって痛みが出る場合とでない場合がある

歯科医師の腕の違いが、一番反映される治療は何だと思いますか? セラミックの冠を被せるような治療でしょうか? それともインプラントでしょうか? 実は、一番腕の差が出るのは根管治療と言う、歯の根の中(根管治療)の治療なのです。 これが上

乳歯が抜けるとすぐに永久歯が生えるというのが理想的な生え変わり方ですが、乳歯がまだ残っているのに永久歯が生えてくる場合もあります。一般的に初めて生えてくる永久歯は下顎の前歯ですが、乳歯が抜けないまま内側の方に永久歯が生えるというケースは案外少なくな


アーカイブ

2021

最新記事

診療別メニュー

歯科医師募集
訪問歯科診療
ベビーシッター
初診ネット予約
無料メール相談
小机歯科医院ブログ
事務職員募集中