▼ MENU

歯肉マッサージで健やかな歯と歯茎を

投稿日: 2015年12月12日  | カテゴリ: その他

歯周病の予防に歯茎マッサージが有効だってご存知ですか?

歯茎のマッサージをすると滞っていた不純物が排出されますので、歯茎の免疫力が上がって歯周病の予防や緩和に有効なのです。要するに、歯茎のマッサージで毛細血管の血液の流れやリンパの流れが良くなるからなんですよね。

それでは、実際に歯茎のマッサージをどのように行うのかご紹介しましょう。


まず、手をきれいに洗って歯をしっかりと磨きます。

次に、人差指の腹の部分を使って左右どちらかからでもよいので、歯茎の下側の奥から中央に向かってゆっくりとなでるように2回~5回ほどマッサージしてください。

そして、下側の左右の歯茎が終わったら同様に上側の歯茎も行います。

決して爪を立てずに、やさしくマッサージするのがコツです。

それが終わったら今度は、人差指の腹の部分で歯茎と頬の境目部分と歯茎と唇の境目部分をやさしく2回~5回ほどマッサージします。

時間にして長くとも1分ぐらいで終わりますので、歯磨きとワンセットで行うことをおすすめします。

めんどくさいので歯ブラシで歯茎を直接マッサージしてしまうと、歯ブラシの圧力や硬さによって歯茎を傷つけてしまう可能性があるので要注意です。

歯ブラシで歯茎をマッサージすること自体は間違いではないのですが、そうするときは軽く触れる感じでできるだけやさしくマッサージするようにしましょう。

また、歯茎マッサージ用の毛の柔らかい歯ブラシを別に用意しておくものも手ですね。


現在、多くの人が歯を失う危険性が高い歯周病患っているといわれています。

歯茎の腫れや出血、痛みや黒ずみなどは歯周病の症状ですが、これらの症状を自覚したら要注意ですね。

歯茎マッサージはなかなか馴染みの無い方法ですが、歯周病予防や虫歯予防に非常に効果的なので習慣づけることをおすすめします。

日本人が歯周病によって歯を失う危険性は、80歳で20本の歯が残っている人がわずか15%しかいないという事実からも明らかです。

歯茎マッサージも習慣づけることによって歯周病のリスクを減らすと共に、虫歯や口臭をしっかり予防してお口の中の健康を維持しましょう。

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

生え始めの子どもの奥歯が茶色くなっているとびっくりしますよね。 でも6歳前後に生えてくる6歳臼歯と呼ばれる永久歯の変色というのは、何も珍しい事ではありません。   第一大臼歯とも呼ばれているこの永久歯は、永久歯の中で1番目か2番目に生えてくる

矯正治療を考える人も増えて来たと思いますが、今はインビザラインという目立たない矯正方法が人気になっている気がします。矯正治療には従来のワイヤー矯正、裏側に装置をつける裏側矯正など色々とあるのですが、それぞれに利点難点が存在し、どれを選択するのか悩む

昨年の11月に娘達に、誕生日プレゼントとして、新型のアップルウォッチを貰った。それまでも旧型のアップルウォッチは使っていたが、何故かアイフォンとのペアリングが出来なくなり、使っていなかった。 そして、新型アップルウォッチを使用し始めて暫くした


アーカイブ

2018

最新記事

診療別メニュー

歯科医師募集「矯正とインプラント」の小冊子プレゼント訪問歯科診療ベビーシッター初診ネット予約無料メール相談小机歯科医院ブログスタッフ募集中プライバシーポリシーfacebook