▼ MENU

歯科衛生士のプロ目線での歯のケアと予防

投稿日: 2015年12月1日  | カテゴリ: その他

毎日の歯のブラッシングだけでは、虫歯・歯周病といったリスクから回避するのは、難しいのが現実です。
歯ブラシ以外のデンタルフロス、マウスウォッシュ、歯間ブラシといったアイテムを同時に使ってケアしていてもカンペキに歯垢を取り除けません。

毎日ブラッシングをしているのに虫歯になり、歯医者で治療を受ける人がいらっしゃいます。
ケアには自信がある! と思っていても、無意識のうちに虫歯が発展していたり、歯周病になる場合も多々あるため、注意が必要です。
虫歯・歯周病のリスクを効果的に抑えるためには、歯科衛生士が実践しているケアをオススメします。

今回は、その歯科衛生士のケアについて説明していきましょう。

●歯石除去
スケーラーと言われる機器を利用し、歯石を取り除きます。最近では、超音波を利用した機器でより強力な歯石対策が可能です。

●クリーニング
歯科医師にて、自身のブラッシングでは除去しきれない箇所を清潔に保つケアをします。

●フッ素
歯を虫歯菌から防御するために有効とされるフッ素を塗布するケアです。

●ブラッシングのアドバイス
歯の汚れなどから、普段のブラッシングの改善点をアドバイスします。

●だ液検査
虫歯になりやすい体質なのか?だ液成分をチェックすることで調べていきます。

歯科衛生士のケアは年に数回を目安に考えてみると良いでしょう。
虫歯・歯周病をしっかり防ぐ意味では、とても意義のある内容です。

多くの人は虫歯が進行して、痛みに耐え切れなくなった状態で歯科医を利用するのですが、そういった状態からの回復は、患部をドリルで削ったり、神経を取り除くといった治療が必要となるため、時間、コスト共にデメリットが大きくなります。

神経を取り除く治療をすると、歯の強度そのものが弱体化します。
一生涯使用していく歯には、大きな損失となるのです。

虫歯、歯周病は、治療を必要とする前の『予防』を意識しておくことがとても重要です。
歯科衛生士による適切なケア、指導をもとに、健康的な歯を維持していきましょう。

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

乳歯が抜けるとすぐに永久歯が生えるというのが理想的な生え変わり方ですが、乳歯がまだ残っているのに永久歯が生えてくる場合もあります。一般的に初めて生えてくる永久歯は下顎の前歯ですが、乳歯が抜けないまま内側の方に永久歯が生えるというケースは案外少なくな

色々と情報は集めていたのですが、どうも電気メスと変わらないような思いがあったため導入を見送っておりました。 そのレーザーを2018年7月に導入しました。 レーザーと言っても大きく分けて4種類あります。半導体レーザー、炭酸ガスレーザー、ネオジ

冷たいものを飲んだ時に、歯がしみると感じる事はありませんか? 歯がしみる場合は虫歯が原因かもしれませんが、歯ではなく歯茎がしみるという場合は知覚過敏を起こしている可能性があります。知覚過敏による痛みは、体調によって痛みが出る場合とでない場合がある


アーカイブ

2018

最新記事

診療別メニュー

歯科医師募集「矯正とインプラント」の小冊子プレゼント訪問歯科診療ベビーシッター初診ネット予約無料メール相談小机歯科医院ブログスタッフ募集中プライバシーポリシーfacebook