▼ MENU

根管治療による骨の再生

投稿日: 2017年10月18日  | カテゴリ: 院長ブログ

本日、2年前に当院で根管治療を行った患者さんが来院されました。


初診時には「左目の下を押すとプカプカして痛い。」とおっしゃいました。


歯科用のCTを撮影してみると、左上の犬歯の根の先に、拇指頭大(親指の頭の大きさ)程度の骨が無い部分が存在していました。

しかも頬っぺた側から口蓋と言われる部分まで貫通した感じで骨が無くなっていました。


原因は、歯の中の神経が死んでしまって根の先に歯根嚢胞を生じてしまった為と思われました。


それにしても大きいのです。

しかも、その歯の根の先も少し吸収して短くなっていました。


一般的には歯根嚢胞は根管治療では治らないとされています。

しかし、私どもの根管治療では、治癒していると思われている症例がかなりありますので、ダメ元でスーパー根管治療を行う事にしたのです。


治療を行ったところ、やはり根の先が吸収しているので、相対的に根管の先端の孔(根尖孔と呼びます)の直径が大きくなっていました。

スーパー根管治療は、この根尖孔を緊密に閉鎖させるのが最大のコンセプトです。


簡単に言うと、ワインのコルク栓を瓶の中側からする様なものです。

瓶の入り口が広ければコルクは外にすっぽ抜けてしまったり、きっちりと栓ができなかったりしやすいと想像がつくと思います。


この患者さんの場合、何とか根尖孔を塞ぐ事が出来ましたが、上記のようにきっちりと蓋が出来たかどうかが少し心配でした。


その後、1年後にもレントゲンを撮りました。

その結果、何となく骨が出来てきましたが、確証は有りませんでした。


しかし、本日レントゲンを撮ってみると、明らかに骨が出来上がっていました。

歯科医師としてこれほど嬉しい事はありません。


通常、この様な症例の場合、多くは大学病院の口腔外科に紹介と言うパターンになります。

そして、恐らく根の先を切る歯根端切除術を受けるはずです。

それでも治るかどうかは不明なのです。


なぜならば、骨の欠損が大きすぎるのと、歯根を相当切らなければならないからです。


しかも、日本の健康保険制度を使った場合には、骨の補てん材やコラーゲン膜は使えませんので、尚更、予後は良くないと予想されます。


また、犬歯の歯根を短くしてしまうと、早期に動揺が起こってくる(ぐらぐらする)事も予想されます。


今回の様に、根管治療だけで骨が再生出来た事は、この患者さんにとっては計り知れない利益が有ったと思います。


ちなみに、この患者さんは1時間以上かけてのご来院でした。



本日は、余りに嬉しかったので、皆様にご報告いたしました。


骨が出来た.jpg




サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

子どもさんの歯が乳歯から永久歯に生え変わる時期に、親として気を付けておいた方がいいことを少し記そうと思います。   ◆乳歯が綺麗に抜けているのかをチェックする 綺麗に抜けてしまっているようなら問題ないのですが、もしも乳歯が折れている、歯肉に残

歯周病の治療にとって、画期的な薬が何と健康保険に入りました。   中等度以上の歯周病になるとどうなるでしょうか?歯肉は腫れ、更には骨まで失われて参ります。それを放置しておくと、歯は動いてきます。ここで初めて異変に気が付くのです。   この新

ジルコニアの乳歯冠(白い歯)     以前から、探していた白い乳歯冠。有りました。   乳歯冠とは子供の歯にある程度、大きな虫歯を作ってしまった場合に、レジン充填と言う様な一部分に樹脂を詰める治療方法では力学的にに強度が不足してしまう場合


アーカイブ

2017

最新記事

診療別メニュー

当院のインプラントが選ばれる8の理由 セレック 1日で白い歯に かかりつけ歯科に認定されました
歯科医師募集
訪問歯科診療
ベビーシッター
初診ネット予約
無料メール相談
小机歯科医院ブログ
事務職員募集中
学研本

当院が紹介されました