▼ MENU

女性にインプラントが選ばれている理由

投稿日: 2016年3月16日  | カテゴリ: インプラント


一生虫歯や歯周病などを患う事なく、大切な歯を失う事がなければ、年をとってもかなり快適な生活が送れますが、実際にはなかなか難しいですよね。
虫歯や歯周病、また外傷によって歯を失ってしまう可能性は大きく、年をとればとるほど、歯の本数が減ってしまうというのが実情でしょう。
女性の場合は特に、歯を失ったり、入れ歯やブリッジなどを入れたりすると、見た目の美しさが損なわれ、精神的に大きな問題が生じてしまう事も。
そんな口元の美しさにこだわる女性たちに選ばれているのがインプラントです。
インプラントを選んだきっかけについて、女性たちの本音をリサーチしてみます。

☆インプラントを選んだ理由

 ・入れ歯への抵抗
入れ歯は、審美的にも、実用性においても、マイナスポイントが多いようです。
異物感がある、硬いものが噛めない、発音がおかしくなる、取り外しが面倒といった理由で、入れ歯に対して抵抗を感じている女性は少なくありません。
入れ歯は費用面ではインプラントに比べて安いように思えますが、途中で合わなくなって作り直す事も多く、決してお得ではありません。
こうした入れ歯の様々なデメリットを考え、インプラントを選択したという女性が最も多いようです。

・健康な歯を維持したい
若い女性の場合、1本歯がなくなるだけで、健康な歯を2本も削らなければいけないブリッジは嫌だからという理由でインプラントを選ぶ人が多いようです。
保険診療のブリッジだと、口を開けるたびに金属がチラチラ見えてしまうというのも不人気の理由です。
審美面と健康な歯の維持を望み、インプラントを選択する事になったようです。

 ・金属アレルギー
金属アレルギーや、金属による歯や歯肉の変色がイヤでインプラントを選んだという人も。

 ・友人の影響
インプラントをして若々しくなった友人の影響で、インプラントを選んだ女性も少なくないようです。

インプラントは見た目が美しいので、インプラントにした結果、笑顔に自信が持てるようになったという女性も多いようです。
また、天然歯と同じような感覚で食を楽しむ事ができ、噛む事で顔の筋肉も鍛えられ肌にハリが戻って若返るという点も、女性たちがインプラントを選ぶ理由の一つでしょう。

 

そんなインプラントの強さと美しさのヒミツは、こんなところにあります。


 ◆インプラントが強くて美しいワケ

インプラントは、抜歯や脱落によって抜け落ちた歯の部分の骨に穴を開け、そこにチタンで作られた人工歯根が埋め込まれます。骨と人工歯根はそこで強固に結びつき、この上にセラミックやジルコニアで作られた人工歯が装着されます。セラミックやジルコニアは、経年的な変色もほとんどなく、自分の歯と変わらない色調とツヤを再現することが可能なため、自然な美しさを手に入れることができるのです。

もちろん、噛み心地も自分の歯とほとんど変わりなく、入れ歯のように硬いものが食べにくい、味や温度が分かりにくいということもありません。また、メインテナンスさえ怠らなければ、数十年も使い続けることができ、入れ歯のように合わなくなってきたり、作り直したりする必要もありません。

でも、そんなインプラントにもデメリットはあります。


◆インプラントのデメリットって?

  ◇外科手術が必要
顎の骨に人工歯根を埋め込むため、外科手術が必要になります。深刻な医療事故にも繋がりかねないため、確かな実績を持つ歯科医院を選択する必要があります。

  ◇治療費
次に費用の面です。インプラント治療は、入れ歯やブリッジのように保険の適用がされないため、治療費がかかってしまいます。でも、だからといって低価格をウリにしている歯科医院も考えものですが…

  ◇既往症や年齢による制限がある
既往歴や持病がある場合、インプラントに適応しないことがあります。あごの骨の成長過程にある未成年も、インプラントは適応外とされています。

 

 

インプラントは、健康な天然歯を犠牲にすることなく、自分の歯と変わりのない噛み心地や、見た目の美しさを誇ることから、お財布事情さえクリアできれば、インプラントを選択する人が増えているのにもうなずけます。

どんな治療法も決して万能ではありませんが、一生使い続ける歯です。賢い選択をしたいものですね。

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

歯を磨く時、歯ブラシだけでは歯間の汚れがきれいに落とせないので、デンタルフロスを併用している人も多いのではないでしょうか。   歯ブラシでいくら歯を磨いても、歯と歯の間の汚れをしっかり落とすのはなかなか難しいものですが、デンタルフロスは糸なので

先日、当会の事務長の歯の治療を行ないました。勤務時間に行うわけにはいかないので、お互いが休みの月曜日の午後に空いた歯科用のユニットを使って始めました。 内容的には、歯が割れてしまったので、イーマックスと言うセラミックの冠を被せる治療です。手順

本日、2年前に当院で根管治療を行った患者さんが来院されました。 初診時には「左目の下を押すとプカプカして痛い。」とおっしゃいました。 歯科用のCTを撮影してみると、左上の犬歯の根の先に、拇指頭大(親指の頭の大きさ)程度の骨が無い部分が存


アーカイブ

2017

最新記事

診療別メニュー

歯科医師募集
訪問歯科診療
ベビーシッター
初診ネット予約
無料メール相談
小机歯科医院ブログ
事務職員募集中