▼ MENU

乳歯が残っているのに永久歯が生えてきたら?!

投稿日: 2017年9月8日  | カテゴリ: その他

乳歯が抜けるとすぐに永久歯が生えるというのが理想的な生え変わり方ですが、乳歯がまだ残っているのに永久歯が生えてくる場合もあります。
一般的に初めて生えてくる永久歯は下顎の前歯ですが、乳歯が抜けないまま内側の方に永久歯が生えるというケースは案外少なくないようです。

 

前歯ですから目立ちますし、このまま子どもの歯並びが悪くなってしまうのではないかと心配されるかもしれませんが、乳歯がぐらぐらしているようであれば、少し様子を見てあげましょう。
噛んだら痛みがあり、痛くて物が食べられないという場合には乳歯を抜歯するという選択もありますが、痛みがないなら放っておいても大丈夫です。

 

歯が生え変わるといっても顎はまだ未成熟な状態ですから、大きな永久歯が生えるスペースが十分ではない場合があり、内側に生えてきてしまうケースがあるのです。


ただ内側に生えてきたとしても、乳歯の根はいずれ永久歯に吸収され、スペースが空きます。そうすれば少しずつ、正しい位置へと自然に歯が移動していきます。

乳歯には、永久歯が生えてくるスペースを確保するという役割もあります。自然に乳歯から永久歯に生え変わる場合は、ゆっくりと成長にあわせて永久歯のスペースが作られるため特に心配はないのですが、乳歯が虫歯などのためにしっかりと役割をはたすことなく抜けてしまうと永久歯が生えるスペースが十分ではなく歯並びが悪くなってしまう心配があります。

 

問題なのは、頬杖をついたり、横向きになって寝たりする事です。
それによって負荷がかかってしまうと、歯が倒れる、歯並びが悪くなるなどのトラブルを引き起こしてしまう事もあります。このような厄介なトラブルを回避するためには、悪い癖や姿勢には十分な注意が必要になってきます。


前歯なら放っておいても大丈夫な場合が多いものの、これが奥歯になると、乳歯がぐらぐらしているのに抜けず、永久歯が傾いて生えてくるといったトラブルが生じてしまう事もあります。
こうしたケースでは、放っておいても永久歯が元の位置に戻らない可能性もあり、乳歯を抜くことが必要になることもあります。

 

定期的な検診をお受けになると、このあたりの心配もしなくてよくなりますので、定期的に診てもらいましょうね!

 

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

歯周病の治療にとって、画期的な薬が何と健康保険に入りました。   中等度以上の歯周病になるとどうなるでしょうか?歯肉は腫れ、更には骨まで失われて参ります。それを放置しておくと、歯は動いてきます。ここで初めて異変に気が付くのです。   この新

冷たいものを飲んだ時に、歯がしみると感じる事はありませんか? 歯がしみる場合は虫歯が原因かもしれませんが、歯ではなく歯茎がしみるという場合は知覚過敏を起こしている可能性があります。知覚過敏による痛みは、体調によって痛みが出る場合とでない場合がある

生え始めの子どもの奥歯が茶色くなっているとびっくりしますよね。 でも6歳前後に生えてくる6歳臼歯と呼ばれる永久歯の変色というのは、何も珍しい事ではありません。   第一大臼歯とも呼ばれているこの永久歯は、永久歯の中で1番目か2番目に生えてくる


アーカイブ

2017

最新記事

診療別メニュー

当院のインプラントが選ばれる8の理由 セレック 1日で白い歯に かかりつけ歯科に認定されました
歯科医師募集
訪問歯科診療
ベビーシッター
初診ネット予約
無料メール相談
小机歯科医院ブログ
事務職員募集中
学研本

当院が紹介されました