▼ MENU

マイクロスコープを使った根管治療のメリット

投稿日: 2017年2月11日  | カテゴリ: その他

いわいる神経を抜く治療、歯の根の中をキレイに消毒し、細菌感染を予防するのが根管治療です。
この根管治療がしっかり行われているかどうかで、歯の寿命は変わってきます。


しかし、一般歯科で保険内で根管治療を行う場合には、2次元のレントゲンと、歯科医の勘や経験だけが頼りという状態になってしまうので、徹底した根管治療は難しいのです。そのため、歯を少しでも長くもたせるために徹底した根管治療をしてもらう場合には、専門治療を選んだ方がいいでしょう。
syourei05.jpg

根管治療の専門コースでは、3次元のCTレントゲンで診断して治療を行うため、精度の高い治療が行えます。
また、歯の根の中を20倍に拡大して観る事ができる精密機器、マイクロスコープを用いて根管治療ができるというのも大きなメリットです。
 
 マイクロスコープ

マイクロスコープを使えば、肉眼の20倍の大きさでしっかりと観察しながら、治療を進めていけるため精度の高い治療が行えます。歯の根の中の汚れもしっかり除去し、徹底した消毒、歯の根の先まで充填治療(つめものを入れること)が行えるので、後々再治療が必要になったり、治療期間が長引く事がほとんどありません。


emdimage.jpg
患部を4倍から20倍に拡大をして治療をしますので、肉眼での治療に比べればその精密さは歴然です。このマイクロスコープがないと、歯の根の入り口部分だけしか見えないため、汚れに気付かず細菌感染を起こし、何度も消毒しなければいけないような状態になってしまう事も多々あります。


マイクロスコープによって歯の根の中を徹底的にキレイし、その空洞にしっかり詰め物ができていれば、後々トラブルも起こりませんから、自然に歯の寿命は延びるというわけです。最先端の機器を使用しながら最先端の根管治療をしてもらえるので、後々の歯のトラブルが少なく、神経を抜いた歯を長年もたせる事も可能です。


根管治療の専門コースは一般歯科(保険内の治療)よりも料金は高めです。しかし、根管治療をして何度もトラブルを起こし、お金と時間をかけ、最終的には抜歯してインプラントや入れ歯という道を歩むなら、根管治療の専門コースでしっかり治療した方が、将来的な負担は少ないはずです。 >スーパー根幹治療のページはこちらから

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

  このたび、10月24日に歯の根の治療「根管治療」の本を出版する運びになりました。 この本は、先の一般向けの根管治療の本とは異なり、歯科医師向けの専門書です。 本のタイトルは「K.SRCT 久保倉式スーパー根管治療」です。自分の名前を付

冷たいものを飲んだ時に、歯がしみると感じる事はありませんか? 歯がしみる場合は虫歯が原因かもしれませんが、歯ではなく歯茎がしみるという場合は知覚過敏を起こしている可能性があります。知覚過敏による痛みは、体調によって痛みが出る場合とでない場合がある

私のライフワークと思っている事があります。それは、根管治療です。 根管治療とは、歯の根の治療です。歯の中の神経を取る、と言うような治療の事です。 この根管治療に関する、一般の方々に向けた本は6月に出版をする事ができました。 そして来月にい


アーカイブ

2020

最新記事

診療別メニュー

歯科医師募集
訪問歯科診療
ベビーシッター
初診ネット予約
無料メール相談
小机歯科医院ブログ
事務職員募集中