▼ MENU

小机歯科医院ブログ

根管治療による骨の再生

◇2017年10月18日◇

本日、2年前に当院で根管治療を行った患者さんが来院されました。 初診時には「左目の下を押すとプカプカして痛い。」とおっしゃいました。 歯科用のCTを撮影してみると、左上の犬歯の根の先に、拇指頭大(親指の頭の大きさ)程度の骨が無い部分が存在してい…

インビザラインというマウスピースの矯正があります。 マウスピースの様な物を歯列に装着して動かします。 10日から14日に1度マウスピースを交換し、上下でおおよそ各50枚程度、全部で100枚程のマウスピースを使います。 ただ、この方法には難点があり…

日本の歯科医療の動向

◇2017年9月20日◇

日本政府が出している統計に平成28年 社会医療診療行為別統計というものがあります。 これは、平成28年6月に日本の歯科医療機関から請求された保険診療行為1か月分の集計です。 おそらく、提出されたレセプト(診療報酬明細書)からの数字だと思います。 …

乳歯が抜けるとすぐに永久歯が生えるというのが理想的な生え変わり方ですが、乳歯がまだ残っているのに永久歯が生えてくる場合もあります。一般的に初めて生えてくる永久歯は下顎の前歯ですが、乳歯が抜けないまま内側の方に永久歯が生えるというケースは案外少なくないようで…

冷たいものを飲んだ時に、歯がしみると感じる事はありませんか? 歯がしみる場合は虫歯が原因かもしれませんが、歯ではなく歯茎がしみるという場合は知覚過敏を起こしている可能性があります。知覚過敏による痛みは、体調によって痛みが出る場合とでない場合があることも特…

生え始めの子どもの奥歯が茶色くなっているとびっくりしますよね。 でも6歳前後に生えてくる6歳臼歯と呼ばれる永久歯の変色というのは、何も珍しい事ではありません。   第一大臼歯とも呼ばれているこの永久歯は、永久歯の中で1番目か2番目に生えてくる歯で、最…

矯正治療を考える人も増えて来たと思いますが、今はインビザラインという目立たない矯正方法が人気になっている気がします。矯正治療には従来のワイヤー矯正、裏側に装置をつける裏側矯正など色々とあるのですが、それぞれに利点難点が存在し、どれを選択するのか悩むことも多…

歯を磨く時、歯ブラシだけでは歯間の汚れがきれいに落とせないので、デンタルフロスを併用している人も多いのではないでしょうか。   歯ブラシでいくら歯を磨いても、歯と歯の間の汚れをしっかり落とすのはなかなか難しいものですが、デンタルフロスは糸なので、狭い歯…

ガムを噛むと虫歯予防になると言われていますが、本当にガムで虫歯を予防できるんでしょうか?ガムといっても様々な種類のガムがありますよね。どのガムを噛んでも虫歯予防できるわけではありません。ガム選びと噛み方が虫歯予防には重要なんです。では虫歯予防に効果的なガム…

2017年7月3日 読売新聞にて掲載された「歯を削る医療機器、半数が使い回し...院内感染恐れ」について、 またまた、この様な記事が読売新聞に記載されました。私は、それが掲載された日は中国におりましたが、読売新聞衛星版でも読む事が出来まし…

白い乳歯の被せ物 乳歯冠

◇2017年6月26日◇

ジルコニアの乳歯冠(白い歯)     以前から、探していた白い乳歯冠。有りました。   乳歯冠とは子供の歯にある程度、大きな虫歯を作ってしまった場合に、レジン充填と言う様な一部分に樹脂を詰める治療方法では力学的にに強度が不足してしまう場合がありま…

歯の重要性というものは知られていて、80歳で自分の歯を20本残しましょうという8020運動も耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。 長寿の方の中には、自分の歯が多く残っていることで色々なものをしっかりと噛めているという人が多いようです。食事その…

かみ合わせと肩こりの関係

◇2017年6月12日◇

肩こりに悩まされている人はたくさんいると思いますが、肩こりと一言でいっても、その原因は色々です。肩こりの原因として案外気付いていないのが、歯のかみ合わせではないでしょうか。 かみ合わせが悪いととで、肩こりだけではなく、頭痛や腰痛、顎関節症、耳鳴り、めまい…

歯周病の治療にとって、画期的な薬が何と健康保険に入りました。   中等度以上の歯周病になるとどうなるでしょうか?歯肉は腫れ、更には骨まで失われて参ります。それを放置しておくと、歯は動いてきます。ここで初めて異変に気が付くのです。   この新しい、歯…

子供の虫歯の理由として、「歯磨きをしっかりしない」、「甘いものばかり食べている」などと言われることがよくありますが、実は一番悪影響を与えかねないのは親が持つ虫歯菌なのです。虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんには存在しません。これは歯がないからです。では、どこ…

歯周病は日本人の多くがかかっている、予備軍であるとされる病気です。しかし、虫歯もそうですが口内のトラブルというのは他の病気と比べて軽視されがちな気がします。虫歯がある、歯周病になっている、もしくはなっている可能性があると思っているにも関わらず、歯科医へ行か…

子どもさんの歯が乳歯から永久歯に生え変わる時期に、親として気を付けておいた方がいいことを少し記そうと思います。   ◆乳歯が綺麗に抜けているのかをチェックする 綺麗に抜けてしまっているようなら問題ないのですが、もしも乳歯が折れている、歯肉に残っている…

大きな組織のインプラント学会は現在4つの学会があり、それぞれ異なる経緯によって成り立っています。そこで、それぞれの学会の設立の経緯についてご紹介しましょう。 ◆国際インプラント学会(ICOI) 世界最大のインプラント学会。70カ国以上に支部があり所属会…

インビザラインは元々、成人を対象とした治療方法でした。何故なら、子供の口内というのは顎の発達、歯の生え変わりなど色々な変化があるのでインビザラインで矯正するということが難しかったのです。ですから、通常のインビザラインは子供にはお勧め出来ませんが【インビザラ…

20歳はお肌の曲がり角、といいますが、脳の細胞も20歳から減少していくのだとか。しかし、細胞が減少していったとしても、脳をトレーニングしておくことで若い状態を保つことは可能で、近年脳トレがブームとなっていましたね。  脳を活性化するために欠かせないのが「…


アーカイブ

2017

最新記事

診療別メニュー

当院のインプラントが選ばれる8の理由 セレック 1日で白い歯に かかりつけ歯科に認定されました
「矯正とインプラント」の小冊子プレゼント訪問歯科診療ベビーシッター初診ネット予約無料メール相談小机歯科医院ブログスタッフ募集中プライバシーポリシー
学研本

当院が紹介されました

facebook
都筑キッズデンタルランド 子供専門歯科医院くぼくら歯科医院ドクターズファイル院長ブログ