▼ MENU

ホーム > トピックス > 光機能化インプラント

光機能化インプラント

インプラントと骨との接着力を増加させる、「光機能化インプラント」は、2009年にアメリカ、 UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)小川隆広先生の研究室より、今までにない画期的技術が発表されました。 小川隆広先生とは2012年の春にお会いし、このお話を直接聞かせていただきました。

光機能化のメリット

  1. インプラント表面を、タンパク質や細胞がなじみやすい、最も適した状態にする。
  2. インプラントがより早く、より強固に骨と接着する。
  3. インプラント治療の成功の確率が高まる。
  4. 歯をつくるまでに要する治療期間が、短くなることに貢献する。
  5. あごの骨の状態などにより、本来治療が難しい症例においても、インプラント治療の信頼性を高めることが期待できる。
  6. インプラントと骨とがより強固に接着するために骨造成手術などの必要な外科処置を回避できることにつながる場合がある。

光機能化で90%を超える接着面積が可能に

歯を失った場所に人工の歯を埋め込むインプラント治療。このインプラント治療は、人工の臓器の中でも最も優れたものと言われてきました。しかし、残念ながら以前まではインプラントの骨の接着面積は40%~60%程度が限界でした。 それでも十分な結果は得られていたのですが、さらに患者様にとって有益な技術が発表され、当院にて、この技術を導入する事になりました。


小川先生の研究では、ある特定の光の波長をインプラントにあてることにより、インプラントと骨が約98.2%まで骨と接着することができました。 これにより、インプラントと骨との接着スピードが今までに比べ4倍早くできることが分かり、治療期間の短縮が可能となりました。 また、インプラントの安定性と成功率も向上し、今までの接着能力よりも約3倍接着力が高くなるという結果がでています。この技術は、インプラントにとって大きな技術改革です。

bonehikari.jpg

hikarigainen.jpg

小川教授と

Therabeam 光機能化装置

このパン焼き器みたいな器械が何と数百万円! 実際に小川教授にお話しを聞いて導入を決めました

光機能化のメリット

  1. インプラント表面を、タンパク質や細胞がなじみやすい、最も適した状態にする。
  2. インプラントがより早く、より強固に骨と接着する。
  3. インプラント治療の成功の確率が高まる。
  4. 歯をつくるまでに要する治療期間が、短くなることに貢献する。
  5. あごの骨の状態などにより、本来治療が難しい症例においても、インプラント治療の信頼性を高めることが期待できる。
  6. インプラントと骨とがより強固に接着するために骨造成手術などの必要な外科処置を回避できることにつながる場合がある。

診療別メニュー

当院のインプラントが選ばれる8の理由 セレック 1日で白い歯に かかりつけ歯科に認定されました
「矯正とインプラント」の小冊子プレゼント訪問歯科診療ベビーシッター初診ネット予約無料メール相談小机歯科医院ブログスタッフ募集中プライバシーポリシー
学研本

当院が紹介されました

facebook
都筑キッズデンタルランド 子供専門歯科医院くぼくら歯科医院ドクターズファイル院長ブログ