▼ MENU

ホーム > その他 > 金属アレルギー

口内環境に影響される心身の不調

アレルギー疾患、頭痛・偏頭痛を始めとした色々な部位の痛み、目の疲労・重み、鼻づまり、手足の痺れ、冷え症、全身のだるさ、不眠、疲労感、イライラといった様々な症状に悩み、病院で診てもらっているという方も多いかもしれません。

そして、病院に行っているのに症状の理由が分からない、改善しないという方も少なからずいらっしゃると思います。 実は、こういった症状の要因が口の中にあるかもしれないとしれないのです。

体調不良と金属アレルギー

金属アレルギーは女性に多いとされている症状であり、金属が皮膚に接触したり、口内で溶けてイオン化したものが体内に吸収されたりして起こるものです。
女性に多いのは、指輪、ネックレス、ピアスといった金属製のアクセサリーをつける方が多いためだと思われます。金属にも種類がありますが、特にニッケル、コバルト、パラジウム、スズといった素材はアレルギーを起こしやすいでしょう。
ニッケルは加工しやすいといった特性があるため、アクセサリーに使用されることも多いので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎

illust_1217.png 花粉症やアトピー性皮膚炎といった疾患に悩む人が、近年増加傾向にあるとされちます。 多くは、ハウスダスト、ダニ、埃、カビ、花粉、ペットなどの動物の毛、化粧品、汗、乾燥といった理由によって、もしくは幾つもの理由が重なって起こるものですが、要因のひとつに金属アレルギーも加えられるのです。

症状としては、皮膚の痒み、湿疹、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目の痒みなどが主なものになります。
尚、アトピー性皮膚炎は理由はもちろん、症状や重症度が各自で違うということが特徴となっています。 例えば、花粉が理由であっても、杉やヒノキなどアレルギーになっている花粉は人によって違うのです。

理由が分からない体調不良

illust_1217.pngアレルギーや心身の不調があるために、病院へ行って診てもらったという人も多いでしょう。
ところが、専門医に通っているのに理由が判明しなかったり、薬の投与で症状が緩和されていても改善はしていなかったり、症状が緩和されないために薬が手放せなかったりする人もいると思います。

こういった慢性的な心身の不調が、歯科医で治療を受けることで改善されたというケースが少なくないのです。つまり、不調の理由が口内の金属にあったという場合があるということなのです。

歯科治療では治療の時に合成金属などを使用します。銀歯が主なものですが、入れ歯やブリッジにも使用されています。保険適用での治療なら殆ど金属が使用されていると考えられるのですが、この金属が色々な問題を起こしていると考えられるのです。

歯科材料となっている金属からのアレルギー。

銀歯などの金属がアンテナの役割をすることで、電波を過度に集めてしまう電磁波過敏症からのアレルギー。 金属が唾液などで溶けることで体内に吸収され、内臓や脳に沈着して起こる免疫障害や皮膚炎。 病巣感染からなる皮膚炎や口腔内の慢性な炎症。 こういった症状を起こすのが、口内の金属なのです。

歯科治療で使用される金属

pjk.jpg歯科治療では銀歯、入れ歯、ブリッジ、矯正など色々な場面で金属を使用するのですが、その多くは合金です。

合金とは、ニッケル、コバルト、クロム、スズなどの金属を2種類以上混ぜたもののことです。昔はパラジウムなども使用されていましたが、現在ではイオン化しやすいことから殆ど使用されなくなってきました。

しかし、過去に治療を受けたという人の場合は、お口に残ったまま使用されている可能性もありますので注意が必要です。

歯科材料の素材と金属アレルギー

illust_1217.png 歯科材料となっている金属は、経年によって口内でイオン化してしまいます。 結果、唾液や血液と結合することでアレルギーを引きおこすアレルゲンとなってしまう場合があるのです。 特に詰め物は要注意です。

毒性歯科材料とも呼ばれるアマルガム、パラジウム、ニッケルクロム合金、銀合金などが使用されている可能性があり、これらが金属アレルギー、アトピー性皮膚炎といった多くの症状を引き起こします。

今は何の症状もないという人でも安心は出来ません。 金属アレルギーは金属が口内に入ってから長い年月を経過して現れることがありますし、たとえ症状がなくても金属が溶けて体内に蓄積されていることには変わりがないため、健康に対してリスクを負っていることになるからです。

銀歯と身体への影響

銀歯も金属ですから、口内で溶けて体内に蓄積されるというリスクがあります。しかし、それだけではなく口内に電流を発生させてしまう可能性があるのです。これをガルバニー電流と呼びます。アルミ箔や銀紙を噛んだ時に不快な感覚を覚えると思いますが、あれに似た感覚になるのがガルバニー電流です。電流は身体に悪影響を及ぼし、不眠、イライラといった神経症状を起こす可能性があります。

また、銀歯は口腔内でアンテナの役割をすることがあります。銀歯がアンテナとなって周囲の電磁波を過度に集めてしまい、電磁波過敏症といった症状を起こし、電磁波を出すものの近くへ行くと頭痛や吐き気がするといった症状になる方がいます。

銀歯を使用するデメリット

歯科治療で銀歯を選択する人も多いと思います。保険治療材料ですので、治療費用を考えるとどうしても銀歯ということになるのかもしれませんが、多くのデメリットがあることも。。。

先の項目で記したように金属であること、電流が発生したりアンテナの役割をしたりすること以外にもデメリットがあります。

銀歯を外して体調が向上した

歯科医院で銀歯を外し、金属以外の材料に変えたりすることで色々な身体の不調が改善されたという症例があります。

これらは一例ですが、金属から身体の不調が起きていた場合、金属を外すことで解消されることも少なくありません。

尚、金属からの影響という以外にも噛み合わせの影響で不調になるという可能性があります。 噛み合わせが悪いと身体全体まで歪んでしまうため、多くの不調を起こすことがあるのです。

銀歯をセラミックへ変更する

illust_1217.png この頃は、ノンメタル(メタルフリー)治療というものが登場しています。これは金属を使用しない治療のことです。 金属の悪影響が知られるようになってきたために、金属を使用しない治療を求める患者さんも増加しているのです。

そこで、ノンメタル治療としてオールセラミックというものが登場しました。 治療には金属を使用せず、全てセラミックにするということです。

セラミックは審美性にも優れています。 透明感のある白なので、天然歯(自分の歯)に近い見た目にすることが出来ます。 金属ではないので金属アレルギーになりませんし、電流の発生、アンテナの役割といったデメリットもありません。

体調が悪く、どこの医者に行っても改善しないという場合には金属をノンメタルに変えるということを検討してみるのもいいかもしれません。

最短1日でセラミックの白い歯を入れることができます。

金属の危険性が高いことから、セラミックなどの金属以外の素材を推奨する歯科医院が増加しています。 当院では、セレックという最新式のCAD/CAMシステムを導入しています。

ビデオで患者さまのお口の中を撮影し、専用のコンピューターに取り込み、ミリングマシーンという機械がセラミックをスキャニングした歯の状態に合わせて削り出します。従来のような型どりが不要となり、精度の高い技工物(セラミック)が院内ですぐ出来上がるというものです。

銀歯を輝く白い歯に変えてみませんか? 

最短1日でメタルフリー治療が実現します。→詳しくはコチラ


診療別メニュー

当院のインプラントが選ばれる8の理由 セレック 1日で白い歯に かかりつけ歯科に認定されました
「矯正とインプラント」の小冊子プレゼント訪問歯科診療ベビーシッター初診ネット予約無料メール相談小机歯科医院ブログスタッフ募集中プライバシーポリシー
学研本

当院が紹介されました

facebook
都筑キッズデンタルランド 子供専門歯科医院くぼくら歯科医院ドクターズファイル院長ブログ