▼ MENU

ホーム > インプラント科 > インプラント周囲炎を防ぐため

ネジ留めインプラントとセメント固定インプラント

インプラントはインプラント本体(フィクスチャー)と歯に相当する部分(上部構造)に分かれます。つまり根に相当する部分と人工の歯に相当する部分に分かれます。

 インプラントの構造

 それをどう繋ぐかの違いです。簡単に言えば、チタン製のネジで留めるのかそれとも、セメントで接着してしまうかです。歯科用語的には、スクリュー固定(スクリューリテイン)・セメント固定(セメントリテイン)と言います。

セメントリテイン(セメント固定)

implant0927_pc01.jpg

implant0927_sp01.jpg

スクリューリテイン(ネジ固定)

implant0927_pc02.jpg

implant0927_sp02.jpg

セメント固定は、インプラント周囲炎の大きな原因に

セメント固定の場合は、既成のアバットメントと言うパーツをネジで留めます。それを普通の歯と同じように型を取って、技工所で作ってもらいます。それをセメントでくっつけるのです。多くは、仮のセメントで固定します。この方法はインプラント用の特別な型を採る方法が不要なので、簡単にできます。しかも技工料が安く済みます。

しかし問題なのは、このセメントなのです。インプラントは普通の歯よりも細いのです。その欠点を補償するために、骨のラインと同等に埋め込むのが主流です。つまり、インプラント本体と上部構造の接着部が歯肉の中にあるのです。この上部構造にセメントを入れてインプラント本体に接着した場合、セメントがその部分に流れ込むのです。これを完全に除去する事は不可能です。よってこれがインプラント周囲炎の引き金になってしまう事があるのです。

セメント固定のイメージ

セメント固定

スクリュー固定のインプラントが世界のスタンダードに

現在では、ニューヨーク大学でもミシガン大学でも「極力、セメントは使うな」と教えています。日本においても、スクリュー固定のインプラントがゴールデンスタンダードになってきた事は、近年のインプラント学会の発表を聞いていても明らかです。

前歯の様に、審美的に大事な部分に関しては、セメント固定にせざるを得ない場合もあります。それは、スクリュー固定にした場合は、ネジ穴が歯の前面に来てしまいみっともない場合があるからです。

スクリュー固定の場合は、上部構造をインプラント本体であるフィクスチャーに直接、チタン合金のネジを介して留めてしまいます。よってセメントは一切使いませんので、セメントの残留が原因で起こるインプラント周囲炎には絶対なりません。

ただ、スクリュー固定にした場合は、インプラント特有な型の採り方が必要です。しかも技工所による技工操作も複雑になります。実際には、CAD/CAMの方法でチタンを削り出してもらうか、UCLAアバットメントと言う高価なパーツを用いて鋳造する必要があるのです。よって技工料はセメント固定の何倍にもなってしまうのです。

→ 当院のインプラントの費用・わかりやすい価格

ネジ固定のイメージ

ネジ固定

セメント固定とスクリュー固定では大きな差があるのをご理解いただけたでしょうか。 当院のインプラントは極力、このスクリュー固定を採用しております。

インプラント科 ページ一覧


診療別メニュー

当院のインプラントが選ばれる8の理由 セレック 1日で白い歯に かかりつけ歯科に認定されました
「矯正とインプラント」の小冊子プレゼント訪問歯科診療ベビーシッター初診ネット予約無料メール相談小机歯科医院ブログスタッフ募集中プライバシーポリシー
学研本

当院が紹介されました

facebook
都筑キッズデンタルランド 子供専門歯科医院くぼくら歯科医院ドクターズファイル院長ブログ