▼ MENU

打音検査

インプラント埋入後にインプラントが骨とが、しっかりと結合しているのかどうかは、目で見ても判りません。又、レントゲンを撮っても余程の変化が無い限りインプラントの状態の把握は困難と言えます。

そこで、当院では安定性の確認検査のために、ペリオテストと言う機械を使った打音検査を行っています。

このペリオテストと言う機械は元々、歯周病の歯の状態を検査するために開発されました。しかし、通常の歯ではそれほどの数値の差が出ずにあまり使われませんでした。ところが、インプラントに応用されるとかなり数値がはっきり出るような事が報告され、当院でも10年程前から利用しております。


inspection01_photo.jpg

検査方法としては、インプラントの上部構造をペリオテストのハンドピースで槌打し、その音を周波数分析装置で拾い、その数値によって診断します。実際には、マイナスの値を示していれば、問題ありませんが、プラス05の値を超えますと、何かの問題を提示している場合があります。 それは、インプラントはネジで上部構造(歯に相当する部分)を留めておりますが、そのネジが緩んできている場合が多いです。又、インプラント自身が骨との結合に何らかの問題が起こっている場合もあります。

この様に客観的なデータ(周波数)でインプラントの安定性を確認することで、術後の経過を科学的に把握します。トラブルを未然に回避し、より安全で安定的な術後を提供したいと考えています。

当院では、メンテナンスの際にインプラント治療を行った患者様には必ず行う検査です。

インプラント科 ページ一覧


診療別メニュー

当院のインプラントが選ばれる8の理由 セレック 1日で白い歯に かかりつけ歯科に認定されました
「矯正とインプラント」の小冊子プレゼント訪問歯科診療ベビーシッター初診ネット予約無料メール相談小机歯科医院ブログスタッフ募集中プライバシーポリシー
学研本

当院が紹介されました

facebook
都筑キッズデンタルランド 子供専門歯科医院くぼくら歯科医院ドクターズファイル院長ブログ