▼ MENU

ガムで虫歯は予防できる?!

投稿日: 2017年7月5日  | カテゴリ: その他

ガムを噛むと虫歯予防になると言われていますが、本当にガムで虫歯を予防できるんでしょうか?
ガムといっても様々な種類のガムがありますよね。どのガムを噛んでも虫歯予防できるわけではありません。ガム選びと噛み方が虫歯予防には重要なんです。では虫歯予防に効果的なガムの選び方と噛み方に関して、詳しくご説明しましょう。

 

★ガムの選び方について


虫歯を予防するためにはキシリトール配合のガムが有効です。

本当は、歯科医院で販売している「医院専売のキシリトールガム」がおすすめです。

50%以上キシリトールが含まれていて、糖類0で酸性物質を含んでいないガムを選ぶようにしましょう。
この3つの条件を満たしたガムなら、虫歯を予防する事が可能です。


キシリトールの含有量は、キシリトールの量(g)÷炭水化物の量(g)×100で計算できます。
糖類の入ったガムは厳禁ですが、酸性物に関しては、糖類ほど神経質になる必要はありません。
ただ果汁やクエン酸などが入ったガムは、口の中がすでに酸性になっていて、虫歯予防には適していないため、控えた方がベターです。

 

但し、1日1回は正しい歯磨きを10分以上、定期健診(歯科衛生士による歯垢除去)も必要です。

ガムでの虫歯を予防はあくまでもサポート役と考えてください

 

 

★ガムの噛み方について


キシリトールガムのかみ始めに出る唾液は、できるだけ口の中に残しておくようにしてください。
というのも、キシリトールの成分は、かみ始めにたくさん出るからです。
これをなるべく長く口の中に留める事によって、成分が虫歯菌に浸透しやすくなるんです。


それから、食後はなるべく早くガムを噛むように心がけましょう。
食事に含まれている糖やたんぱく質から虫歯菌は酸を出し、歯を溶かしてしまいますが、この時、キシリトールガムを噛んでおけば、虫歯菌はキシリトールを取り込むので酸を出せなくなってしまうんです。


キシリトールガムを噛んでキシリトールの効果を発揮させるには、1日に2~3回、1度に2粒を目安に噛むといいでしょう。1日あたり4~10gのキシリトールを摂る事が虫歯予防には効果的だといわれています。

 

キシリトールはベトベトの歯垢をサラサラにしてくれるので、キシリトールガムは歯磨き前に噛むようにしましょう。先にガムを噛んで歯垢をサラサラにしておけば、その後の歯磨きで歯垢も落ちやすくなります。

 

サイト内検索はこちら

この記事の関連記事

子供の虫歯の理由として、「歯磨きをしっかりしない」、「甘いものばかり食べている」などと言われることがよくありますが、実は一番悪影響を与えかねないのは親が持つ虫歯菌なのです。虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんには存在しません。これは歯がないからです。で

歯を磨く時、歯ブラシだけでは歯間の汚れがきれいに落とせないので、デンタルフロスを併用している人も多いのではないでしょうか。   歯ブラシでいくら歯を磨いても、歯と歯の間の汚れをしっかり落とすのはなかなか難しいものですが、デンタルフロスは糸なので

生え始めの子どもの奥歯が茶色くなっているとびっくりしますよね。 でも6歳前後に生えてくる6歳臼歯と呼ばれる永久歯の変色というのは、何も珍しい事ではありません。   第一大臼歯とも呼ばれているこの永久歯は、永久歯の中で1番目か2番目に生えてくる


アーカイブ

2017

最新記事

診療別メニュー

当院のインプラントが選ばれる8の理由 セレック 1日で白い歯に かかりつけ歯科に認定されました
訪問歯科診療
ベビーシッター
初診ネット予約
無料メール相談
小机歯科医院ブログ
事務職員募集中
学研本

当院が紹介されました

都筑キッズデンタルランド 子供専門歯科医院
くぼくら歯科医院ドクターズ・ファイル院長ブログ