▼ MENU

患者様の声

マイクロスコープによる高精度な治療をお約束します

インフォメーション

  • 10月13日(木)午後は、院内研修会のため、午後休診とさせて頂きます。

  • 8月14日(日)から17日(水)の間は、夏季休診とさせて頂きます。ご不便をおかけしますが、宜しくお願いします。

  •  

  • 7月30日(土)理事長の久保倉は韓国の延世大学で行われるインプラントセミナーに参加しますので、不在となります。又、8月2日(火)から8月7日(日)までは米国ロサンゼルスで開かれる米国審美歯科学会に参加しますので不在となります。

  •  

  • 7月2日 今月末に10台目のマイクロスコープが導入される事になりました。今までは、10台の治療椅子のうち1台が未設置でしたが、これで全ての治療椅子での設置が完了します。機種は全てドイツのツァイス社のモデルで統一。恐らく、設置台数ではクリニックにおいては世界一ではないかと思います。

  •  

  • 厚生労働省より「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に当院が認定されました。専門的な予防歯科、定期メンテナンスを行う医院として、これからも患者様のための医療を行ってまいります。詳しくはコチラ

  • 4月27日 理事長の久保倉は4月28日から5月3日まで、世界一のインプラントロジストと言われるスイス、チューリッヒのグルンダー先生のオフィスでのセミナーに参加してきますので不在となります。副院長の増永、小倉は、4月28日から5月7日までニューヨーク大学で行われるインプラントセミナーに参加しますので不在となります。ご迷惑をおかけします。

  • 4月20日 今週発売の「週刊ポスト」に当院の「短期間集中 特別コース」の内容が掲載されました。限られた時間を有効に使いたいビジネスマンに少ない通院回数で治療を実現する医療サービスとして紹介されています。詳細はこちら

  • 4月12日に当院に2台目のセレックが導入されました。今回導入のセレックは最新鋭の4軸制御ファインミリング仕様です。首都圏でセレックが2台導入されているのは、当院だけだそうです。歯を治すのに、金属が当たり前になってしまっている日本。本来の歯の色や性質に近いセラミックによる治療をもっと推進してゆきたいと思います。

  •  

  • 1月12日に、当院に一台有りましたドイツのメーラー製のマイクロスコープを都筑区の都筑キッズデンタルランドに移設し、ツァイス社のマイクロスコープに入れ替えました。これで当院のマイクロスコープ9台は全てツァイスになりました。やはりマイクロスコープはツァイスですね。

  • 本年内は29日(火)午前までとなります。新年は4日(月)からの診療となります。本年は、昨年にも増して患者さんの御来院を頂きました。特に歯のメンテナンスと言う思想が普及し、数年前よりも口の中がとても奇麗になっている方が多い事にスタッフ一同、大変喜んでおります。来年もよろしくお願いします。

  •  

  • 院長の久保倉は12月7日(月)〜12月12日(土)米国、ニューヨークにあるコロンビア大学でのインプラントセミナーに参加しますので、不在となります;

  • 11月11日(水)~15日(日)はカンボジア:プノンペンの大学で講義を行うことと、同国、シェムリアップで開かれるICOI(国際インプラント学会)アジアパシフィック支部総会に出席のため、院長は不在となります。

  • 10月15日の午後は院内研修会となりますので、午後は休診させて頂きます。

  • 6月29日~7月4日 インプラント無料相談会を実施します。予約不要ですのでご来院お待ちしております。

  • 5月7日 即日でセラミックスによる治療が終了していまう驚異のシステム、セレックを導入しました。
    http://www.cerec-style.com/
    奥歯の銀歯を白いキレイな歯にしたい!そんな審美ニーズに強い見方です。詳しくはコチラ

  • 2014年
  • 12月1日 マイクロスコープが9台となりました。
                ツァイスのマイクロ設置では大学病院を含めて日本一ということです。

  • info   託児保育の時間を拡大、延長致しました。詳細は「ベビーシッター」のページをご覧下さい。

  • info   専用駐車スペースが3台分増えて8台になりました。左のメニュー「アクセス」より場所をご確認下さい。

小机歯科 ブログ

接着性と言う事

歯科医療において「接着」と言う概念が欠かせません。 レジンと言うような“歯に直接詰め込んで固めてしまう様な治療”に関しては、接着と言う概念は重要視されているのに対して、“被せ物の治療”に対しては接着と言う概念はかなり疎かにされてきました。 疎か

インプラントは意外に強い?

上記のレントゲンは、2年半、メインテナンスに来院されなかった方のレントゲン写真 理事長の久保倉は、インプラントの治療を30年行ってきました。 大学卒業翌年からインプラントに関するセミナーに参加して、インプラント治療を行ってきました。 まだその頃は

よく噛んで美肌とアンチエイジング

唾液には、若返りホルモンや、美肌を助けるグロースファクター(成長因子)が存在していることをご存知でしょうか?そして「よく噛むこと」でアンチエイジング効果が得られることも…。よく噛んで食べるだけで、こんなにもさまざまな効果が期待できるのです。◆噛むこ

「歯科技工士」と言う仕事

一般的に、歯科技工士さんは虫歯等で歯が欠けてしまった部分に装着するセラミックや金属を作ったり、また、歯が無くなってしまった部分を補う義歯(入れ歯)を作ったりする仕事をする人です。   小机歯科では、2016年の春から院内に歯科技工士さんが常駐し

歯周病とタバコとメタボの意外な関係とは?

■歯周病とタバコ大人の特権とも言える「タバコ」。コンビニへ行くとたくさんの種類のタバコが並んでいますね。しかし、タバコは百害あって一利なしとも言われます。タバコ1本には、肺や呼吸器をはじめ、循環器、血液など人間の体に悪影響を及ぼす成分がいっぱい。歯

お天気と歯痛の関係

◆お天気と歯痛の関係雨が降ると頭や腰、関節が痛くなる…そんな経験、お持ちではないでしょうか?こんな症状を「気候病」「天気痛」などと呼ぶそうですが、これには「ヒスタミン」と呼ばれる、痛みや炎症をひき起こす物質が関与しているそうです。しかし、お天気に左

歯科衛生士と言う職業

皆さまは歯科衛生士と言う職業をご存知でしょうか? 歯科医院に勤務していて、“診療補助をしたりする女性”と言うイメージが強いのではないでしょうか。 歯科衛生士さんは、実際には診療補助よりも歯科予防処置・歯科保健指導のような重要な役割を担ってい

口内炎 原因と種類と対策法

口内炎は、疲れた時や、ビタミン不足の時にできやすい口内炎。舌の側面や裏側、ほほの内側、唇の裏側などに多くできます。 突然口の中にできて痛みを伴う口内炎は、多くの場合完治するのに数日?1週間かかってしまいます。よく「ビタミンが足りていないから口内炎

ある治症例に思う。矯正専門医と言っても

歯並びが悪いと言っても色々な種類(分類)があるのです。 大きく分けて、顎の位置自体が悪い場合と、顎の位置は良いのに歯自体が並びきれていない場合と、両者の複合型があります。 どの場合でもスペースを作る必要があり、多くの場合小臼歯と言う奥歯の真

銀歯とセラミック徹底比較&金属アレルギーについて

歯科医院でむし歯の治療後、型を取って銀歯を被せたり詰めたりした経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?この一般に銀歯と呼ばれるものは、金銀パラジウム合金という金属で作られており、およそ50年前に定められた安全基準を元に、現在も保険治療にお

歯科治療における技術革新

私が歯科医師になって30年あまり。 その間、技術革新によって歯科治療が大きく変わったことが何回かありました。 今回はその変遷を書きたいと思います。 1、光で固まる樹脂の出現 歯科医師に成り立ての頃は、歯に詰めるレジン(プラスチックの

むし歯になりやすい6歳臼歯を守ろう

小さくて可愛い乳歯も、やがては立派な永久歯に生え変わります。その代表ともいえるのが6歳臼歯です。6才臼歯は、永久歯の中でも1番大きく、比較的早く生えてきます。でもこの歯、意外と厄介な問題を抱えて生えてくるのです。◆トラブルが多い!6歳臼歯6歳臼歯は

国際貢献

  先日、カリフォルニア州ダナポイントで行われた、米国審美歯科学会に参加してきました。開催41回目と、非常に長く続いている学会です。名前こそ審美歯科と入っていますが、歯科の全ての分野にわたり講演を聞くことが出来ました。その講演は朝の8時にスタ

院長ブログ開設のお知らせ

以前より準備しておりました院長ブログを 本日開設しました。  

口呼吸はデメリットばかり。。口臭にも

最近、口を閉じることができないない人が増えているといわれています。そういえばポカンと口元が開いたまま、ぼんやりしている子供や若者、見かけますよね。 ◆口呼吸をチェック!あるデータによると、20歳代の若者の90%が口呼吸であるともいわれているのです。

予防歯科の重要性

◆「QOL」という言葉をご存知でしょうか?「クオリティ・オブ・ライフ」の略で、「ひとりひとりの人生や生活の質」という意味を持っています。実は私たち歯科も、患者さんのQOLの向上に取り組んでいます。それが「予防歯科」です。◆予防歯科って?歯医者さんは

体の健康はお口から 記憶力にも影響が

世界的に見ても平均寿命が高いと言われている日本。近年、健康に対する意識が向上し、子どもから高齢の方まで、スポーツや運動などを楽しむようになりました。しかし、運動=健康に良いことは誰もが知っていても、お口のケアが健康を守ることは意外に知られていないか

インプラントで骨量不足の方の造骨治療とは?

インプラント治療というのはどなたでも受けることが出来るイメージがありますが、骨の量が基準に達していない方は、まず土台の部分、骨の改善が必要になります。ここでは、骨量不足の方がインプラント治療を受けるために必要な「造骨治療」と呼ばれるものに焦点を当て

横浜市在住の方へ 500円で歯周病の検診が受けられます

  横浜市では、歯周疾患の予防と早期発見のために、歯周疾患検診の補助を行っています。これは、高齢期に健康で快適な生活をおくるための支援を目的にしています。対象となられる方は、是非この機会を活用して、ご自身のお口の中の状態をチェックしてみましょう。

ドライマウスの原因と予防策

なんだか口の中が乾きがち、もしくはネバついているといった問題を感じることはありますか? 食事の際、なんだか味の感じ方に違和感がある、といったことはありませんか?もしかしたら、ドライマウスのサインかもしれません。★ドライマウスの原因は?ドライマウスは

診療別メニュー

当院のインプラントが選ばれる8の理由 セレック 1日で白い歯に かかりつけ歯科に認定されました
「矯正とインプラント」の小冊子プレゼント訪問歯科診療ベビーシッター初診ネット予約無料メール相談小机歯科医院ブログスタッフ募集中
学研本

当院が紹介されました

facebook
都筑キッズデンタルランド 子供専門歯科医院くぼくら歯科医院ドクターズファイル院長ブログ